矯正治療について | わかまつ歯科医院矯正治療サイト

札幌豊平区矯正歯科サイト
札幌豊平区矯正歯科サイト

矯正治療について

歯並びは、皆さんが想像する以上に一生に渡って健康に関係しているのをご存知でしょうか?

正しい咬み合わせで何でも美味しく食べられることは健康の基本です。
そして、キレイな歯並びで大きく口を開いて笑うことは、心を豊かにすることにも繋がります。

歯並びがデコボコしていたり、上下できちんと咬み合っていないと、食べ物を上手く噛めないばかりか、歯磨きがしにくくなって磨き残しも多くなってしまいます。
その結果、虫歯や歯周病、歯槽膿漏や口臭の原因となってしまい、自然に楽に噛めないと顎の関節に悪い影響が出たり、食べ物を飲み込む時の舌や喉の動きにも異常が出ます。

歳をとって入れ歯を使うようになった時、歯が生えていた骨の部分にズレが残っていると、入れ歯を何度も作り直すことになってしまいます。
また、人によっては、歯並びが悪いことでコンプレックスを抱いたり、発音に支障があったりといった形で、コミュニケーションに不都合を生じるケースもあります。

矯正歯科治療では、歯並びをキレイに揃えることで咬み合わせや歯の周りの骨の状態を改善して、口腔内と心の健康をもたらすお手伝いをさせていただきます。

矯正治療の開始時期について

矯正歯科治療を開始する時期は、患者様の歯並びや咬み合わせの状態、年齢などによって大きく異なってきます。
しかしながら、成長期にあたる園児から高校生くらいまでの間に矯正治療をすると、特に良い治療結果が期待できます。

まずは、食べる時に顎が楽な場所で邪魔されずに動いているかをチェックします。
顎を前後左右にズラさないと噛めない場合には、乳歯の時期でも治療を開始することがあります。
歯のデコボコがひどくなりそうな場合や出っ歯になりそうな場合も、成長する力がある若い時期であれば積極的な治療が可能となるので、早めに矯正歯科を受信されるようお勧めします。

受け口(骨格性反対咬合)など、顎の骨の大きさに問題があると診断された場合は、骨の成長を見極めた上でタイミングを選んでコントロールしていく必要があるために、治療の時期を複数回に分けることもあります。

若い時にはキレイな歯並びでも、親知らずに押されたり、虫歯で歯を失くしてから長期間放置しておいた場合などは、咬み合わせは大きく変化します。
そのような場合でも矯正治療が必要となってくる場合もあります。
なお、矯正治療によって歯を移動させることは何歳になっても可能ですが、その際には特に歯茎や歯を支えている骨が健康であることが必要です。

矯正装置について

矯正治療では、その目的に応じていろいろな装置を使います。
ひとつの装置だけで治療できる場合もありますが、いくつかの装置を併用して使用する場合もあります。

装置は「外から見える装置」と「外から見えない装置」に大別できます。
近年では、従来からの方法であるブラケットを使用した「見える装置」よりも、マウスピース矯正や、歯の裏側にブラケットを装着する「裏側(舌側)矯正」など、「見えない装置」に人気が集まっています。

「見えない矯正装置」マウスピース矯正・アソアライナー

ブラケットとワイヤーを使用する従来の矯正治療では、

  • ・器具が目立つ
  • ・器具装着による違和感や痛みがつよい
  • ・ワイヤーの間などにヨゴレが詰まってしまい、虫歯になりやすい
  • ・ワイヤーの脱落など、対処するのが少々面倒なことが起こる

などといったデメリットが挙げられてきました。
こうしたデメリットに抵抗があって、治療に踏み切れない方々も数多くおりました。

こうした従来の方法のデメリットを克服して、近年人気を集めているのが、最新の矯正方法である「マウスピース矯正」です。
審美性に優れた透明で薄いマウスピースを使用し、必要な矯正力を必要な部位に加えることで歯を移動させていきます。

その優れた審美性と共に大きな特徴として挙げられるのが、いつでも取り外しが自由なことです。
装着中も目立つことはありませんが、お食事や歯磨きの時などに自由に取り外して頂くことで、食べたいものが何でも食べられ、食後の歯磨きや装置の洗浄も簡単に行うことが出来ます。

日本生まれの高精度・アソアライナー

初めてマウスピース矯正が誕生してから多くのマウスピース矯正が世界で開発されてきましたが、今現在最も精度が高く、日本中のクリニックで支持されているマウスピース矯正がアソアライナーです。
日本で開発され、日本各地の専門技工士がマウスピースを作成することで、質の高い治療を提供しています。

当院でもマウスピース矯正装置としてアソアライナーを採用・推奨しております。

アソアライナー・治療の流れ

最初に医師が診断を行い、歯型等のデータを取ります。

データに基づき、国内でマウスピースを作成します。約2週間後には治療をスタートすることが出来ます。
アソアライナーのマウスピースは、同じ型で3ステップの厚みのものが作られ、一ヶ月かけて厚みの薄いものから厚いものへとステップアップさせて行きます。
徐々にステップアップすることで歯を動かす時の痛みを軽減させ、少しづつ確実に歯を動かして行きます。

1ヶ月ごとに歯型などのデータを取り直して、新しいマウスピースを作りながら治療を進めていきます。
通常1ステップでは最大1mm幅で歯を移動させていくようにマウスピースを作成します。
基本的に、マウスピースは1ヶ月先の行程のものを常に作るという流れで治療が進みますが、3ステップ分をまとめて作って装着していく「3step – in – 1」という治療プランも用意されています。
頻繁な来院が難しい患者様には便利なプランとなりますが、このプランの場合には、歯の動きのズレなどを考慮して、1ステップ目は1mm、2ステップ目は0.7mm、3ステップ目は0.5mmの移動幅になるようにマウスピースを作っていきます。
より速く正確に歯並びを整えたいと希望される患者様には、通常の1ヶ月ごとのデータ採取とマウスピースの作成をお勧めしています。

アソアライナー・期間と費用について

歯並びの状態などにより異なりますのであくまで目安となりますが、治療期間は、部分矯正の場合で約3ヶ月~10ヶ月、上下顎の全体矯正の場合で約6ヶ月~1年半となります。

費用については、症状により幅がありますため、当院までどうぞお気軽にご相談下さい。

ブラケット使用、だけど見えない「裏側(舌側)矯正」

従来の方法と同様にブラケットを使用しますが、目立たない歯列矯正が「裏側(舌側)矯正」です。

「裏側(舌側)矯正」は、装置が見えてしまうことに抵抗があって歯列矯正を躊躇している方の声に応えて、日本で開発・実用化された新しい治療法です。
ブラケットを歯の裏側に装着するので、大きく口を開けた時だけかろうじて装置が見える程度となり、周囲の人にほとんど気づかれずに治療することが出来ます。

上下歯列共に裏側(舌側)から矯正を行う「フルリンガル」と目立ちやすい上の歯列のみを裏側(舌側)から行い、下の歯列は表側から行う「ハーフリンガル」があります。

裏側(舌側)矯正のメリット

上下共に裏側にブラケットを装着する「フルリンガル」で矯正を行った場合、次のようなメリットがあります。

従来の矯正装置について

マウスピース矯正、アソアライナーなどの他にも、従来使用する矯正装置があります。
装置の種類により、特徴やメリット・デメリットがありますので、自分の歯並びやライフスタイルに合った装置を探しましょう。

主な矯正装置の種類

札幌豊平区矯正歯科サイト

〒062-0034
札幌市豊平区西岡4条10丁目3-20

公式ホームページはこちら>>

011-857-6483
アクセス

Copyright © 札幌市豊平区の矯正歯科治療なら西岡のわかまつ歯科医院 ALL Right Reserved.