過蓋咬合(ディープバイト) | 札幌豊平区の矯正歯科なら「わかまつ歯科医院」

tel 011-857-6483

過蓋咬合(ディープバイト)

過蓋咬合とは

過蓋咬合とはディープバイトとも呼ばれ、歯を閉じたときに前歯が深く咬み合い、上の歯で下の歯を覆ってしまう状態を指します。
上顎の歯茎が笑ったときに見えたり、上顎の内側の歯肉を下顎の前歯で傷つけて炎症を起こす危険性があります。

過蓋咬合になる
主な原因

  • 上顎と下顎がアンバランス

    上顎と下顎のバランスが悪く、上顎が大きく発達していたり、下顎の発達が未熟の場合、過蓋咬合になりやすくなります。この場合は、先天性による影響が大きく、両親のどちらかが過蓋咬合であることが多いです。

    上顎と下顎がアンバランス
  • 乳歯が早い段階で抜けてしまった時

    乳歯が早い段階で抜けってしまった場合、過蓋咬合になりやすくなります。
    歯が抜けると、両隣の歯は隙間を埋めるために中央に寄り、対の歯は長く伸びてきます。そのため、乳歯の抜け方によっては過蓋咬合を引き起こすことがあります。

    乳歯が早い段階で抜けてしまった時
  • 歯の生え変わりが上手くいかなかった

    乳歯から永久歯に生え変わる際は、一度に全ての歯が入れ替わるのではなく、部分的・段階的に入れ替わっていきます。この過程で、上下の乳歯が抜けるバランスが悪いと、過蓋咬合になりやすくなります。

    歯の生え変わりが上手くいかなかった
旗イラスト
旗イラスト

過蓋咬合を
放置するリスク

木イラスト

過蓋咬合の治療

一度出っ歯の状態をつくり、それから過蓋咬合を治療する

過蓋咬合の治療は、まず下の前歯が見えるようにするため、一旦上の前歯を前方に傾斜させ、一時的に出っ歯の状態にします。
その後、過蓋咬合より先に、この出っ歯を治す治療を行います。上の歯と下の歯の治療に必要な期間は異なり、同時にスタートすると治療の進行状況に差違が生じるため、下の歯に矯正装置をつけるタイミングが他の矯正治療と比べて遅いのが特徴です。そのため、出っ歯の治療を開始してから、時期をみて下の歯にも矯正装置を装着します。
期間は1年程度で、その後最終的な微調整を半年程度行い、過蓋咬合の治療は終了となります。したがって、トータルで2年程の治療期間になります。
治療後は保定装置を装着し、歯が元の位置に戻ろうとするのを防ぎます。

特設サイト リンク