開咬(オープンバイト) | 札幌豊平区の矯正歯科なら「わかまつ歯科医院」

tel 011-857-6483

開咬(オープンバイト)

開咬とは

開咬は、オープンバイトとも呼ばれ、前歯がしっかり噛み合わずに開いてしまっている状態を指します。
前歯でしっかり噛むことができないため、奥歯ばかりを使って食事をするため、顎の関節や筋肉に大きな負担がかかります。
開咬の人の半数以上は顎関節症にかかっているとのデータもあります。

蝶々イラスト

開咬になる主な原因

  • 前歯に隙間がある

    前歯に隙間がある人は、そこが気になってしまい、舌でその部分を頻繁に触っているケースが多く見受けられます。前歯の隙間を内側から舌で触れ続けるこ とで、徐々に前歯が外側に押し出されるため、開咬になりやすくなります。

    前歯に隙間がある
  • 指しゃぶりの癖がある

    幼少期より指しゃぶりの癖がある人は、それが原因で歯が動くため開咬になりやすくなります。指をくわえたまま、上下左右に動かすため、結果的に歯が開 いた状態になってしまいます。

    指しゃぶりの癖がある
  • 顎が下方に成長している

    顎が横に成長するのではなく、下方に成長する人は開咬になりやすくなります。
    この場合は、先天的な影響が大きく、本人だけでなくご両親も開咬であるケースが多く見受けられます。

    顎が下方に成長している
木イラスト

開咬を放置するリスク

開咬の治療

歯の矯正装置を装着して治療する

開咬の治療は、矯正装置を使って行うのが一般的です。
前歯がどれくらい開いているかによって、ブラケット矯正、リンガル矯正、マウスピース矯正などの中から最適な矯正装置を使って改善していきます。
しかし、顎の骨が極端にズレてしまっている状態の場合は、顎の骨を切除する外科手術が必要になることがあります。

特設サイト リンク