部分的に悪い歯並び | 札幌豊平区の矯正歯科なら「わかまつ歯科医院」

tel 011-857-6483

部分的に悪い歯並び

部分的に悪い歯並びとは

部分的に悪い歯並びとは、歯列の一部分だけ歯並びが乱れている状態のことをいいます。
全体の歯列としては良いものの、上の前歯が1本だけ出っ張っている、下の奥歯の位置が1本だけズレているという状況です。
このような症状でお悩みの方は意外と多いのではないでしょうか。
1ヶ所だけだからいいやと放っておくと、そこから口腔内トラブルに発展することがあります。

町イラスト

部分的に悪い
歯並びになる主な原因

  • 指や舌、頬肉などを噛む癖がある

    指や舌、頬肉などを噛む癖がある人は、部分的に悪い歯並びになりやすくなります。全体的な歯列はきれいなものの、無意識のうちに特定の歯でいろいろなところを噛んでいると、その部分だけ歯並びが乱れてしまうことがあります。

    指や舌、頬肉などを噛む癖がある
  • 顎や口を強くぶつけた経験がある

    運動やスポーツなどで顎や口をぶつけた経験がある人は、部分的に悪い歯並びになりやすくなります。特にラグビー、相撲、レスリングなど激しくぶつかり合うようなスポーツをしている場合、部分的に歯並びが悪くなることがあります。

    顎や口を強くぶつけた経験がある
  • 柔らかいものばかり食べている

    柔らかいものばかり食べている人は、部分的に悪い歯並びになりやすくなります。幼少期は歯並びが良くても、硬いものを食べずに柔らかいものばかり食べていると、顎の筋肉や骨が発達しづらくなるため、部分的に歯並びが悪くなることがあります。

    柔らかいものばかり食べている

部分的に悪い
歯並びを放置するリスク

鳥イラスト

部分的に悪い歯並びの治療

マウスピース矯正

マウスピース矯正装置SmileTRUを使用して、部分的に悪い歯並びを矯正していきます。
歯並びが悪い箇所は、患者によってさまざまですが、SmileTRUではオーダーメイド感覚でマウスピースを作成するため、患者さまの歯並びに合ったマウスピース型矯正装置を作成することができます。部分的に悪い歯並びを矯正するには最適な矯正方法のひとつです。

ブラケット矯正

歯並びが悪い箇所にだけブラケットと呼ばれるワイヤーと金具でできた矯正装置を装着し、歯並びを矯正していきます。
歯列全体ではなく、部分的に装置を取り付けるため、全体の歯列を矯正する場合よりも費用を低く抑えることができます。
矯正装置が目立つというデメリットがありますが、歯の一部だけに装置を装着させるため、歯列全体を矯正する場合に比べると目立ちません。
また、最近では白色や透明のブラケットや、歯の裏側に装置を取り付けるため目立たないリンガル(舌側)矯正もあり、治療の幅は広がっています。

特設サイト リンク