八重歯 | 札幌豊平区の矯正歯科なら「わかまつ歯科医院」

tel 011-857-6483

八重歯

八重歯とは

八重歯とは、通常の歯列からズレた位置に生えている歯のことをいいます。
歯と歯の間に複雑な隙間が出来てしまうため、歯磨きの際に歯ブラシが歯間に届きづらくなり、
むし歯や歯周病、口臭といった口腔内トラブルが起こりやすくなります。
前に出っ張って生えている場合には、転倒の際に歯が折れたり、唇・舌・歯茎などを傷める危険性があります。

木イラスト

八重歯になる主な原因

  • 顎のサイズが小さい

    顎の発達が不十分、もしくは先天的に顎が小さい場合、八重歯になりやすくなります。顎が小さいと、歯が生えてくるスペースを確保できないため、押し出されるような形で通常の歯列からズレた位置に歯が生えてきてしまいます。

    顎のサイズが小さい
  • 歯のサイズが大きい

    通常よりも歯のサイズが大きい人は、八重歯になりやすくなります。顎は通常通り発達しており、大きさに問題がなくても、歯のサイズが大きいと歯が生えるスペースが狭くなるため、歯列が乱れることがあります。

    歯のサイズが大きい
  • 上の歯に過剰歯がある

    顎や歯が通常通りに発達し、大きさに問題がなくても、上の歯に過剰歯(通常の本数より多く生えている歯)がある場合、八重歯になりやすくなります。
    通常の歯列にさらに歯が加わるため、必然的に歯が生えてくるスペースがなくなり、歯列が乱れてしまいます。

    上の歯に過剰歯がある

八重歯を放置するリスク

木イラスト

八重歯の治療

マウスピース矯正

マウスピース型矯正装置SmileTRUを使用して、歯並びを矯正していきます。
一人ひとり異なる患者さまの歯並びの状態に合わせて、オーダーメイドのマウスピースを作成し、時間をかけて歯列を元の位置に戻していきます。
SmileTRUは、無色透明で目立たず、自由に取り外しができるため優れた矯正装置ですが、一日の装着時間が定められており、その時間をきちんと守る必要があります。
また、八重歯の状態によっては、治療ができないことがあります。

ブラケット矯正

ブラケットと呼ばれるワイヤーと金具でできた矯正装置を装着し、八重歯の位置を通常の歯列に戻していきます。ほぼ全ての八重歯に対応できるというメリットがあります。
装置が目立ったり、歯ブラシがしづらいなどのデメリットもありますが、どなたでも装着できる一般的な矯正装置です。
歯の裏側に装置を取り付けるリンガル矯正(舌側矯正)もあり、患者さまの八重歯の状態によってブラケットを使い分けて治療します。

特設サイト リンク